空気清浄機 比較

空気清浄機 比較

空気清浄機を性能で選ぶときの基準は?比較の仕方をまとめました。

人気通販 > 空気清浄機 比較

空気清浄機 比較 性能

空気清浄機を選ぶときにはその性能を比較するのが基本ですが、では一体何を基準にして選んだらいいのでしょうか。
見るべきポイントは、『空気清浄機の適用床面積』の記載です。
これは「規定の粉じん濃度を30分できれいにする部屋の広さ」 を表しています。カタログを見ると「~40畳」などと書いてありますが、これは40畳の部屋用という意味ではありません 。
この適用床面積から計算したのが、8畳の部屋を何分できれいにするかということを表す清浄時間。適用床面積が大きいほど清浄時間は短く、性能が高いということになります。
空気清浄機は空気をきれいにした後、静音モードに切り替わります。フル稼働している時間が短いほど省エネに優れ、コストがかからないということになります。

カタログで比較するときは、清浄時間と適用面積をじっくりと見比べてみてください。

加湿 空気清浄機 比較

最近は加湿機能の付いた機種が増えてきています。
その中でも主流の機種は「フィルター10年交換不要」となっています。
これはフィルターのコストがかからないことを意味していますので、長期間利用する際にはかなりお得ということになります。
ただし、実際には定期的な手入れは必要です。特に加湿フィルターの手入れをしないとカビが発生する可能性が高くなるので、こまめな手入れが必要です。

他方、加湿機能が付いていない機種では日ごろのお手入れは不要なものが多いです。
逆にフィルターの交換は必要。年間で数万円にもなることがあります

加湿機能付きの機種にするか、ついていない機能の機種にするかは、日ごろの手入れとフィルターのコスト代を比較して選びましょう。

 

ダイキン PM2.5対応空気清浄機(29畳まで ホワイト)DAIKIN ストリーマ空気清浄機 MC80T-W

空気清浄機 比較 トップへ戻る

Copyright 2017 © 人気通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 通販市場
track feed 通販市場