相続税

相続税

相続税改正とその対策について。子や孫のために早めに準備しておきましょう。

人気通販 > 相続税

相続税 改正

平成27年1月1日以降に発生する相続について、大きな法律改正がありました。簡単にまとめると以下のとおりです。
・基礎控除が引き下げられる⇒増税
基礎控除とは相続税がかからない遺産の額のこと。ざっくりいうと今までの基礎控除が6割になるということです。この控除の額を超える場合には相続税の対象となり、税務署への申告が必要になります。この改正で今までは申告が必要だった人はすべての相続のわずか4%に過ぎませんでしたが、この割合は大きく増加するといわれています。あなたも対象になるかもしれません。
・税率がアップする⇒増税
遺産額が1億円以下の人は今までと変わりませんが、それ以上の遺産額が大きい人は増税となります。
・未成年者控除、障害者控除が拡大される⇒減税?
相続人が未成年者、障害者である場合の税額控除が引き上げられます。


今までならうちは関係ないと思っていた人も対象となるケースが増えるでしょう。前もって相続税対策を講じておく必要があります。

相続税対策

あらかじめ対策をとっておかないと相続人が苦しむことになります。あなたの子や孫のために今からできる対策をとりましょう。
・生命保険を利用する
相続税の計算において死亡保険金から一定の額が控除されます。すなわち、「500万円×法定相続人の数」の額だけ相続税の対象となる遺産額から減らすことができます。この場合受取人を誰にするのかが重要です。配偶者(妻または夫)はもともと配偶者控除という控除で相続税を負担するのはまれです。なので受取人を配偶者にしても税金上のメリットはあまりありません。税金対策という意味では子どもを受取人にするほうがメリットは大きくなります。
・住宅資金贈与の非課税特例を使う
親から子・孫へお金を贈与すると贈与税の対象となります。1年間に110万円を超える贈与にはその超えた金額に対して贈与税が発生してしまいます。ただしマイホームを建てるための資金を両親から子どもに贈与した場合には、一定の金額が非課税になる制度が設けられています。この制度は今のところ平成26年12月31日までとなっています。
・教育資金贈与の非課税特例を使う
30歳未満の子・孫の教育資金として、父母・祖父母が贈与した金銭について贈与税を課さないという制度です。子・孫ら1人につき1500万円まで認められています。この制度は平成27年12月31日までです。

以上ざっとまとめてみましたが、くわしいことはやはり専門家の税理士に相談するのが一番です。

こちらで無料相談できます⇒全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】獲得プログラム

相続税 トップへ戻る

Copyright 2017 © 人気通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 通販市場
track feed 通販市場